心臓病ママのHAPPY子育て♡ 奮闘記2017

心臓病ママhiromiによる育児奮闘記です!先天性ファロー四徴症で産まれ早27年。息子を出産し、ママになりました!健康な方はもちろん、心臓病に限らず持病や障害のあるママさん達、お子さんが心臓病のママさん達と情報交換や悩みの共有をしながら明るく楽しく子育てができたらと思いブログを始めました。お気軽にコメントください\( ˆoˆ )

心臓病の私が親にして欲しかった事シリーズ【その①習い事】

こんにちは!

心臓病ママhiromiです。

 

----------------------------------------------
このブログは、健康なママさん達はもちろん、心臓病、持病、障害のあるママさん達も心は元気に楽しく明るい子育てを応援するブログです!
(ちなみに私は先天性の心臓病ファロー四徴症です。障害者手帳1級です。)

情報交換や悩みの共有など出来たらとても嬉しいです♡

ママになれただけでも大感謝!
病気と幸せな育児はきっと両立できる‥はずだ…!!♡
体力は無いけどやる気はあります!育児がんばるぞぉ〜⤴︎⤴︎

ランキングに参加しています。
ほんの少しでもいいね!と思ってくださった時はクリックして頂けるととても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


----------------------------------------------------------

 

以前紹介させていただいた図鑑、

 

購入しました、と数名の方からおっしゃって頂き、驚き&感謝感激です。

 

自分が気に入って使っているものを、他の方にも気に入っていただけるというのは本当に嬉しいことです。ありがとうございます。

 

共にあと5年(親のエゴ)、ボロボロになるまで使い倒しましょう。

図鑑の記事はこちらからどうぞ

楽天リンクのエラー修正済みです。今はダイレクトでリンクできます。お手数おかけしました。)

 

shinzobyomama.hatenablog.com

 

コメント、本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

 

また、ブログランキングバナーをぽちっとしていただいた方も(数人ですが)ありがとうございます。

 

見てくれてる人がいるんだな、と励みになります。

 

ブログって意外と孤独なんですよね。。。。このブログが初めてのブログなんで知りませんでした。。。ひろしです。。。。

 

みなさまに感謝です!

 

-----------------------------------------

 

前回の記事で、ブラジルを応援していた我が息子も、

相変わらず図鑑を愛読しております。

 

 

最近は、おしりをピン!とつきあげる(この姿勢から一歩も動けません)が彼の中で流行っていて、おしりを上げたり下げたり毎日トレーニングに勤しんでおります。

 

 トレーニングのお供は図鑑になりつつあるこの頃です。

f:id:shinzobyomama:20160813202327j:plain

 (これガチです)

 

 

欧米か。

 

f:id:shinzobyomama:20160813192321j:plain

こういうイメージ

 

 

 

 

さて今日は、

 

大きな声では言えないが、

親にこうして欲しかった…シリーズです。(まさかの初回でシリーズ化決定)

 

 

ファローのお子さんがいらっしゃるママさん達も読者にいらっしゃいますので、今回は私自身が感じている、親にこうして欲しかったな。をシリーズ化してお伝えして行きたいです。(あくまで私の主観的な意見です。みなさん個性があると思いますので、ちょっとした参考程度でお願いします。)

 

 

 

在宅ワークにつながるような習い事させて欲しかった。。いや、自ら気づかなかったのも悪いんだけど。。の件 

 

 

私はファロー四徴症で、今も穴があいてたり、狭窄があったり、不整脈が多かったりとそんな状態です。

 

 

最近思うんですよね。

 

出産した

子育てがこんなに体力使うものだったなんて…!!

子育てでへとへと。。

子育てしながら働くなんて、不可能に近い

旦那さんに何かあったらどうしよう

旦那さんが職失ったらどうしよう

旦那さんが病気になったらどうしよう

 

 

そして行きつく結論が、

私って頼りないな。。。

 

 

こういうかんじなんですよね。

(明るい育児目指してるわりにネガティブな件。)

 

 

 

身動きがとれないというか、働きたくても現実的に無理という。

 

ちょっと話ずれますが、

 

ファローの人が子供を産むと100人に1人の割合で、子供にもファローが遺伝するそうです。さらに女性がファローの場合の方が、遺伝する確率は高いそう。

 

 

うちのジャンボも産まれてくるまでは、遺伝してないかどきどきでした。

 

 

ですが、もしファローだったら、私は絶対に英語を習わせたいと思っていました。

もしくはWEBデザインやプログラミング系ですね。

 

私自身の経験から、外で働けなくても、在宅で働ける能力をつけてあげたい。

と思っていました。

 

 

そして、実際に私が産後しんどくなって、その思いは強くなりました。

 

 

実際に、主婦向けの職探しサイトなんか登録して、在宅で探してみると、多いのは語学を使った翻訳系、もしくはWEBデザイン・プログラミング等でした。

(私の感覚では、WEBデザインの方が、プログラミングより圧倒的に多め)

 

心臓病の自分の将来的な働き方をイメージ出来ていなかった自分にすこしがっかりしました。

 

私は少しは英語ができるのですが、といっても簡単な日常会話や英検準1級持ってるくらいですので、もっと極めていればよかった。と。

 

親にも、小さい頃からそういう習い事させて欲しかったと思うと同時に、もし自分の子供がファローだったらそういうことをさせてあげよう。と思います。

 

ですので、もし家計に余裕があるのであれば、そういう習い事、私的にはおすすめです。お金が有り余ってる方は、インターナショナルスクールも考えてあげてもいいかも知れません。もし旦那が石油王だよー!という方はトリリンガルスクールにでもいれてあげてください。あと油田もあげてください。

うちはお金ないので、工夫して教えてあげようとおもってました。

 

 

ただ、在宅になるには実務経験も要する場合もありますので、そこはお子さんが体の調子がいい時に実際にその仕事をできるかどうかも大きくかかわってくるかも知れません。

 

ですが、心臓病の場合、立ち仕事ではなくオフィスワークが中心になると思いますので、語学やパソコン関係のスキルがあって無駄になることはないと思います。

これらのスキルは持っているだけでプラスになると思います。

 

働けないというのは結構きついです。

体は弱っていても、人間ですのでプライドも理想もあります。

 

他人に頼りきりではなく、自分自身で自立したい。のです。

 

私自身の経験からの意見ではありますが、もし参考になれば。

 

 

②スポーツ以外に、ストレスを発散できる方法を。

 

元気な人はスポーツをしてストレスを発散するということができるようですが、私からすると未知の世界です。

 

 

私の場合、写真を撮る事や、文章を書くこと、創作すること(料理、アクセサリー作り)、ピアノを弾くこと(少しですが)がストレス発散になります。あとおしゃべりですね。女子あるある。

 

スポーツが苦手な分、子供が他のどんな分野を楽しんでいるか、よく観察するのは良いことだと思います。

 

好きな事をして楽しいと思える、な事が会った時にストレスの解放先があるのは大きいと思います。

 

親が子供の才能や、興味関心に気付いてサポートしてあげるのは、健全な子同様、心臓病の子でも大切だと思います。

 

 

どなたかの参考になれば幸いです。

 

また、もし心臓病または持病持ちママさんで、私はこんな習い事させて欲しかった!という方がいらっしゃればぜひコメントお願いします^^

 

 

 

ありがとううございます。

 

次回の記事もぜひ見にきてくれたらとても嬉しいです!!!

 

 

 

ランキングに参加しています。

私、ブログ楽しみにしてるよ!という方がもしいらっしゃるのならぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ちなみに押したところで変なページに飛んだりバグったりはしませんのでご安心下さい。このブログのランキングがちょびっとあがるだけです。