心臓病ママのHAPPY子育て♡ 奮闘記2017

心臓病ママhiromiによる育児奮闘記です!健康な方はもちろん、心臓病に限らず持病や障害のあるママさん達と情報交換や悩みの共有をしながら明るく楽しく子育てができたらと思いブログを始めました。お気軽にコメントください\( ˆoˆ )

5歳の時に受けた根治手術の記憶をただただ書き連ねる話。懐かしい、きらきらの、女の子用のフルーツチャーム付きのガラスの靴の話など。

こんにちは!

心臓病ママhiromiです。

 

----------------------------------------------
このブログは、健康なママさん達はもちろん、心臓病、持病、障害のあるママさん達も心は元気に楽しく明るい子育てを応援するブログです!
(ちなみに私は先天性の心臓病ファロー四徴症です。障害者手帳1級です。)

情報交換や悩みの共有など出来たらとても嬉しいです♡

ママになれただけでも大感謝!
病気と幸せな育児はきっと両立できる‥はずだ…!!♡
体力は無いけどやる気はあります!育児がんばるぞぉ〜⤴︎⤴︎

 

近々、過去の記事をカテゴリー別に分ける予定です。

心臓病・障害・持病持ちママさんに役に立つといいなという記事、

心臓病のお子さんがいらっしゃるママさんに役に立つといいなという記事を、

ブログ内で検索しやすいように致しますのでもう少々お待ちください。



ランキングに参加しています。
ほんの少しでもいいね!と思ってくださった時はクリックして頂けるととても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日はただの思いつきなのですが、

私が5歳のときに心臓の根治手術の記憶をだらだらと書きたいと思います。

 

ただの私の記憶なので、

ためになる情報は一切ないであろうことをご了承下さい( ̄▽ ̄)

 


今のファローの子供達は0歳?1歳?(あいまいですみません)で根治手術を受けられると聞きました。

 

27年前に私が産まれた頃にはそんな小さな赤ちゃんに、大手術を行う技術は無かったそうで、5歳まで待つようにと言われたそうです。

 


5歳の夏に1ヶ月程入院して手術したのですが、その時の記憶をよーーく覚えてるんですよね。とっても楽しかったので。


旅行気分で、うきうきしていたのを覚えています。病院大好きな子だったんです。


入院して手術するんだよって話はもちろん親から聞かされていたわけですが、

なんせ5歳なのでなかなか能天気で。

 

私の頭の中は、


「もしかしたら、「死ぬ」かもしれないんだな。まぁ、その時は神様のところに戻るだけだから大丈夫。でもお母さん泣くだろうなぁかわいそう。」


と思ってました。全然怖くありませんでした。なぜかばっちり覚えている。


手術の記憶は無いんですが(全身麻酔だから当たり前か。)、術後しんどかったこともしっかり覚えてます。


集中治療室の中で、ベッドの横に母が座っていて、友達からの「頑張ってね」メッセージが吹き込まれたテープを聞いたり、大好きだったセーラームーンの曲を聴いてました。

 

f:id:shinzobyomama:20170412152657j:plain

本当、セーラームーン大好きだったんです。

しかしこの髪型どういう仕組みですかね?ツインテールにどうやってあのキラキラ埋め込んでいるのでしょうか。そして額のアクセサリーはどういう風に額に固定しているのでしょう。

 

 

そして手術後、予想以上に肺に水が溜まっていたとかなんとかで、集中治療室で水分をものすごく制限された時期があったんです。

 

その治療が始まる前に、主治医の先生が一粒の氷を食べさせてくれて。

「この氷の後は、しばらく水もジュースも何にも飲めないからね。この氷が最後だよ。頑張ろうね。」と言われました。

 

そして治療が始まるわけなんですが、水分を制限してるから、

やっぱり喉が乾くんです。

 

その時は喉に何か管が入っていたのか(?)覚えてないのですが、

声が出せなかったんです。

 

なので一生懸命看護師さんに、ジェスチャーで「飲みたい、飲みたい」って伝えるんです。ダメってわかってるんですけど、どうしてもお水が飲みたくて。

 

何度か「我慢しようね。」って言われて、それでもしつこく飲みたいアピールをする私に、看護師さんが水をたくさん入れた洗面器を持ってきて下さって。

 

「飲めないけど、これで遊ぼうか!」と言ってくれて。

 

その水の入った洗面器に手を入れてパチャパチャしたのが、楽しくて喉の渇きが少しはマシになった気がしてとても嬉しかったことを覚えています。


その後は一般病棟に戻って、細かいことはあんまり覚えてないのですが、夜ひとりのベッドが怖かったので(母もよくベッドの隣に簡易ベッドみたいなものを広げて泊まってくれていましたが、毎日ではなかったので)よくナースステーションに遊びに行ってました。

 


その頃の私は人見知りもせず人懐っこかったようで、看護師さん達が大好きでした。

 

ナースステーションで何をしていたかというと、何かの資料(?)にスタンプを押すお手伝いをしました。子供ながらにスタンプを50枚程に押した大仕事だったことを覚えています。


あとは、夜の病室の見回りによく一緒について行ってました。懐中電灯片手に。


いやぁ、ナースステーションで看護師さんたちに遊んでもらった時間はものすごく楽しかったです。いい思い出です。


あとは入院中、母が当時流行っていたガラスの靴のような靴を買ってきてくれて!!!!!

わかる人いますかね、足のつま先に近い甲の部分にバナナやいちごのチャームがついているビニール製のぺったんこの靴。

画像検索しても、どうしても出てこないんです😭

でも、限りなく近い!こういうやつです!

f:id:shinzobyomama:20170412150025j:plain

 

私のはオレンジ色のフルーツのチャームがついているものでした。


この靴を買ってもらえたことがものすごく嬉しくて!!!

「入院最高!!!」とか思ってました。(あほの片鱗はこの頃から)


ずっとお気に入りでした。あぁ、捨てずに持っていたかった…画像すらないなんて…。

 

 

とまあ、わたしの記憶はこのくらいしか残っていないんですが。(そんだけかい)

 

 

最後の懐かしいガラスの靴の思い出を誰かと共有したくて、

 

母に画像とともに

「覚えてる?こういう靴のオレンジ色のフルーツのチャームついてる靴!!」

と、興奮気味にLINEを送ったところ、

 

「なにそれ夏の靴?そんなことよりなんでこんな時間まで起きてるの?」

 

という、結構冷めた返事が来ました。(LINE時、時刻23:30)

 

あぁ、誰かと、この気持ちを共有したい。

 

とりあえず5歳のこの手術以外、5歳の記憶はあんまりないので、当時の私にとってもインパクトのある相当思い出深いものだったのでしょうね。

 

 

 

----------------------------------------------------------

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

コメント大歓迎です!

承認制なので反映されるのに少し時間がかかりますが、

かならずお返事させていただきます!

 

次回の記事もぜひ見にきてくれたらとても嬉しいです!!!

 

 

 

ランキングに参加しています。

読んだよー!のしるしにバナーをぽちっとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村